緊急 オンライン授業 学校 休校対策(コロナ) 大阪 関西

投稿日: カテゴリー: 未分類

自宅オンライン学習と対面型学習の併用が本格稼働

お困りの 学校 教育委員会 先生 保護者 の皆様

LearnMoreでは定評のある動画教材を製作中

サンプル動画

現在製作中の動画教材

Table of Contents

①水溶液(理科)

②摂関政治(社会)

③三平方の定理(数学)

④円錐(数学)

参考記事

株式会社LearnMoreでは先生のミカタとしての活動しております。

今回のような未曾有の事態に学ぶ人を支える、教える人のために時間や機会を創る活動は本当に必要とされている方の為に当社ができることを講じていきたいと考えております。

この他にも製作事例は多数ございます、授業コンテンツのみならずオンライン授業の困りごとやリハーサルなどを行いたい方も是非お気軽にお声かけください。

代表取締役社長 坂口 雄哉

参考資料

お問合せフォーム

今さら聞けないWEB会議〜効果は0か100ではない〜

投稿日: カテゴリー: NEWSwork未分類

DX、コロナ渦下

広く普及したWEB会議システム(Zoom、Teams、Google Meet、Skype等)名前を目にする機会は増えるものの、いまひとつピンとこない…

このように感じることはありませんか?

INDEX-目次-

WEB会議は使い方次第で武器になる

WEB会議は”良い”or”悪い”0か100かで見るのではなく【一部】導入することで50%,30%でも効果が享受されれば大きな武器となる

  • 2回に1回、3回に1回をWEBに変更する
  • 出勤するものの自席からWEB会議に参加する etc.

多くのWEB会議反対意見は、初めて会うときのものを指すことが多い 既知の相手なら2回に1回リアル開催をWEBに変更しても大きな影響は出づらい [リアル]&[WEB]のハイブリットにすることも効果的

WEBミーティングを導入することですぐに効果が現れるのは、アポイント間に設けなくてはならない余白時間や移動時間 これらは導入して即効果を発揮する

サンプルを元に効果を算出してみよう

想定効果の ×50% ×30% = 数時間の効率化

(1)既存のお客様とのコンタクト
 ①平均顧客コンタクト件数 4件/日
 ②管理営業人員 5名
 ③平均移動時間 30分
 ④アポイント前後の余白時間平均 15分

効率化試算
 ①×365日×②×(③+④)

  = 年間 5,475時間

   営業マン 2.78人 分の時間数捻出(平日日勤8時間想定)

(2)社内会議
 ①社内会議件数 6件/月
 ②平均会議参加人数 5名
 ③会議調整時間(含帰社,通勤) 会議毎45分/人

効率化試算
 ① × 12ヶ月 × ② × ③

  = 年間 270時間

   超過勤務時間削減に効果が見込める

動画再生

導入までのステップ

STEP1 最適な方法を検討調査

試算結果を元にお打合せの上、最適な導入方法やツール(Zoom,TeamsだけでなくRemoやSpatial chat等広く検討)、どの部分へ導入するかを選定

STEP2 導入を想定する機会を選定

既存のお客様への管理営業や定例会議など、実際にWEB会議一部導入が想定される会議をターゲティング

STEP3 WEB会議環境を構築

よく使用する会議室や事務フロア、ご自宅などをすぐにWEB会議ができるように整備、機材レンタルも応相談

STEP4 活用する土壌作り

効果が期待でき、できる環境を整えても、肝心の使用する方々の理解が得られず立ち消えに…ということのないよう、活用する土壌作り